[ツール・ド・フランス2019]ゲラント・トーマスの勝利に懸ける想い

自転車コラム
スポンサーリンク

こんにちは、ペッパーです。

皆さんツールドフランス見てますか?

今年のツールも前半だけでも見どころ満載の楽しい展開になってますね。

フルームやデュムランなど一部の有力マイヨジョーヌ候補が居ないながらも、序盤から刺激的なレースが続いています。特に今年は若手選手たちの活きが良いですね。

第10ステージまで終了した今日現在の段階で、総合トップ10にマイヨブラン(新人賞)3位までがいますからね。それとワウト・ファンアールト、遂にギアが噛み合ってきたみたいで、ロードレースでも勝つようになってきましたね。彼の走りは非常にアグレッシブで応援したくなります。

あと、顔がカデル・エヴァンスに似ててなんか好き(笑)

で、そんな中で僕が最も注目している選手、何としてでも勝って欲しい選手がチームイネオスの“ゲラント・トーマス”です。

ゲラント・トーマス - Wikipedia

そう、この記事のタイトル、「ゲラント・トーマスの勝利に懸ける想い」は 「ゲラント・トーマスの勝利に懸ける“僕の”想い」なのです。もちろんこの記事中には彼のインタビューもなければ、SNSの発言を取り上げることもありませんよ。 ただのタイトル詐欺です

ここから先は彼への親しみと敬意をもって、愛称である ” G ” と呼んでいきたいと思います。

実は”G”と私ペッパーにはある知られざる共通点があるのです。

身長183cm体重71kgイギリス・ウェールズ出身で爵位を持っている彼と、身長172cm体重60kg日本の平凡なサラリーマンの私の共通点とは?

何を隠そう我々は今滅びの危機にある ” オークリー教レーシングジャケット派 “の敬虔な信者なのです!!

“レーシングジャケット/RACING JACKET”とはOAKLEYの製造していた二眼タイプのスポーツ用アイウェアです。10年ほど前に“JAWBONE/ジョーボーン”の名で登場し、その後レーシングジャケットへ改名され販売していましたが、数年前に生産終了。2017年には限定的に復刻販売されたものの、現在は流通在庫のみの取り扱いとなっており、メーカーでの製造は終了しています。

オークリーストア グランフロント大阪店 グランドオープン! | オークリー オフィシャルストア
オークリーストア グランフロント大阪店 10月5日(金)10:00 グランドオープン!ご購入特典として、オークリー特製ノベルティをプレゼント

“顎骨”と名にあるようにフレーム下部がガバッと開いてレンズ交換を行うその特徴的な機能と、他にはない個性的なルックスのインパクトは非常に大きく、一時期はプロ選手も挙って使用しており、一世を風靡したと言っても過言ではないでしょう。

しかし昨今の“1眼巨大レンズ”ブームの煽りを受け、レーシングジャケット愛用者はサイクリストの間でも減少の一途を辿っているだろうと思われます。時代はジョーボーンよりジョーブレイカー、レーシングジャケットよりフライトジャケットでしょう。

皆様ご存じの通りGはこの”レーシングジャケット”を以前から愛用しています。チームスカイに移籍した2010年以降、チームスカイの黒ジャージ時代でも白ジャージ時代でも、赤基調ジャージになった現在のチームイネオスでも、ほとんどの場面で“純白のレーシングジャケット”を着用しています。

2017年のツール序盤で数日マイヨジョーヌを獲得した時と、2018年の埼玉クリテに来たときは黄色いフレームのレーダーでしたが、2018年のツール期間中については、マイヨジョーヌを着ていても、常に純白のレーシングジャケットを着用しています。もう愛ですねこれは。熱烈なレーシングジャケット愛。愛ウェアだけにね

てか日本のウィキペディアのGのページ、トップ画像が非レーシングジャケットGじゃん!こんなのはGじゃないよ!

英語版ページはレージャケGが沢山います。また、グーグルでゲラント・トーマスを画像検索すれば彼がどれだけこのモデルを愛用しているか分かることでしょう。

Geraint Thomas - Wikipedia

そして”G”と同じく私もこのレーシングジャケットを愛しています。ジョーボーン登場時に高校生だった私は、バイト代をつぎ込み、背骨が折れそうになるほど背伸びをしてジョーボーンを購入したのをよく覚えています。

その後、レーシングジャケットに改名後も継続して購入し、現在使用しているのは2年前の復刻時に購入した通算3個目の同モデルです。

他のアイウェアを使うこともありましたが、やっぱりこのレーシングジャケットが一番落ち着くし、一番カッコいいと思っています。

そんなGと私がこよなく愛しているオークリー・レーシングジャケットですが、先述した通り、現在は生産終了モデルとなっており、このままではいずれ新品を購入することはできなくなります。

というか既に貴重になってきています。本体はともかく純正の交換レンズの流通在庫は遠からず無くなりそうですし、ここ最近の新色レンズをレーシングジャケットで使うことはできません……“Prizm Low Light” 使いたいのに……

どーなんすかこれ?G使ってるのよ?!最強ロードーレーサーのうちの一人でしょ??廃盤品にしておくの勿体無くない??

こんなにもレーシングジャケットを愛してるんだぞ!シグネチャーモデルの1つや2つ販売してもいいでしょ!

というか再販してください。マジで。

Gがツールドフランス連覇したらマジでお願いします。オークリーさん……

そんな訳で、私は”G”の勝利に懸けています。彼の勝利が我等の愛すべき”レーシングジャケット”の再販に繋がると信じて……

コメント

タイトルとURLをコピーしました